【DBF】身勝手の極意 基本コンボ集【動画付き】

ドラゴンボールファイターズ

コンボパーツ

5S > 2S > 超ダ

画面端限定です。ジレンと一緒で、2Sから超ダ繋がります。

5H単発確認できない時に5S入れ込んだ時などに使って行きます。

JH > 214L

中央でも端でも使えるパーツです。ある程度高さがないと、214Lが当たりませんので、バニから拾う場合は、L連などで高さを稼ぐ必要があります。

このパーツの優秀なところは、アシストが当てやすくなるところです。

どのキャラと組み合わせてもコンボを伸ばすことが出来るので、M始動などで補正がかからない攻撃を当てたら、このパーツを使ってコンボを伸ばしましょう。

身勝手はこのパーツ使っておけば、とりあえず伸びる印象です。

コンボ〆

2H > JHなどの基本的な〆は除きます

214M,214H

バニや5Hなどで拾い直した時用。

M版は補正がキツくなると入らないので注意。(H版は基本入ります)

空中でバニを使って、キャンセルで始動しても繋がるので、ドラゴンラッシュすら入らない補正の時にも使えます。

(コンボ中)投げ > 22S > メテオ必殺技

コンボ最終段でダメージを伸ばす際に使います。22Sは受身不能時間が長いので、超必殺技入れる前に使用しましょう。

コンボレシピ

アシスト有りは悟空トリオでやってみました

他のキャラでも応用は効きますので、参考までに。

2L > 5L > 5LL > 2M > 5M > jc > J5M > J5L > J5L > 214H > L連 > 超ダ > J5L > J5L > J2H > jc > J5L > J5L > J5L > J214L

ダメージ3745
ゲージ回収0.25

通常のコンボより、500ほど、ダメージが上がります。
0%からでも可能なコンボですが、ゲージ回収率は良くないので、とどめを刺したい時用に。
最終的には裏周りするので、自分が画面端の時にも使えますし、画面端でJ214Hを当てると、反対側に相手が吹き飛ぶので、L連で拾えば、画面端を維持できます。
拾い直すときに、微ダッシュが上手くと、L連中に裏周り出来ますが、安定しないので、お勧めはしません。

2L > 5L > 5LL > 2M > 236H > 5L > 5LL > 2M > 5H > 5S(1段) > 2S > 超ダ > J5L > J5L > J2H > jc > J5L > J5L >J5L > 214L

ダメージ3925
ゲージ回収マイナス0.1

自分が画面端の時の入れ替え用に。
ジャンプ攻撃始動だと、補正がきつくて入らないので、途中の5Sを無くして、5H > 2S にすると繋がります。
(安定を考えると、そちらを手癖にした方がよいかも)
ゲージは全く回収できないので、ゲージが余ってるときに使いましょう。

2L > 5L > 5LL > 2M > 5S(全段) > 5H > 6S > 2S > 超ダ > J5L > J5L > J2H > jc > J5L > J5L > J5L > 214L

ダメージ3357
ゲージ回収1.4

いつもの基本コンボをやるよりは、ほんのちょっとダメージが高く、少しだけゲージ回収できます。
やらないメリットはないので、手癖にするなら、こちらのコンボがおすすめです。

2M > 5M > jc > J5M > J5L > J5L > J2H > 超ダ > J5L > J5L > J2H > jc > J5L > J5L > J5L > 214L > アシスト > 5M > jc > J5L > J5L > J2H > jc > J5L > J5L > 236L > Cアシスト > 地上投げ > 22S > 236LM > アシストチェンジ(超悟空) > アシストチェンジ(青悟空5ゲージ)

ダメージ10076
ゲージ回収なし

とりあえず1撃コン。5ゲージあれば、完走可能です。
スパキンを使う場合は、最初のJ5Mで発動すれば、1ゲージから完走できます。
2M始動を確認したら積極的にスパキン使う選択肢もアリかと思います。

まとめ

まだまだ稼働初日ということもあり、どんどんコンボは見つかってくるでしょう。
ひとまず、214L > アシストを挟んでおけば、ダメージ伸びるので、そこを意識して、自分のチームをコンボを見つけていきたいと思います。