【オクトラ】オクトパストラベラー~大陸の覇者~の感想・レビュー

オクトラ

はじめに

オクトパストラベラーとは

元々は、ニンテンドーSwitchで発売されたコマンドバトル型のRPGになります。
昔ながらのドット絵で表現されているのが特徴的なゲームで、スーファミ世代の方々にはかなり刺さるゲームかと思います。
最初はニンテンドーSwitchでしかプレイできず、オクトラのためだけにSwitchを購入するか迷いましたが、今では、パソコン版も発売していますので、興味がある方は、ぜひ、ダウンロードしてみて下さい。
(Steamからダウンロード、プレイできます。)

オクトパストラベラー~大陸の覇者~とは

では、今回のメインである「オクトパストラベラー~大陸の覇者~」に関してですが、こちらはスマートフォン向けのアプリで登場となっております。
Switch版とのストーリーの繋がりはありますが、時系列的には大陸の覇者がSwitch版の過去の話になりますので、前作をプレイしていなくても、物語を楽しむことが出来ます。
ただ、過去作のメインキャラクターやサブキャラクターがプレイアブルキャラクターとして登場していますので、過去作をプレイしていればより一層、楽しむこともできます。

レビュー

私はメインストーリーはすべてクリアしました。
そのうえで、個人的な感想を書いていきます。

良かった点

美麗なグラフィック

Switch版と同様、スマホ版の大陸の覇者も「HD-2D」と呼ばれる技術が使われております。
ドット絵の雰囲気を残しつつ、奥行きがあるグラフィックとなっており、非常に見やすい画面となっています。
背景の後ろに道があったりして、昔ながらのフィールド移動を楽しむことが出来ます。

戦略的な戦闘システム

戦闘のシステムに関しては、コマンドバトルがベースとなっており、レベルが上がることで、アビリティを覚えていく内容になります。(イメージ的にはアナザーエデンと同じです。)
他のゲームと違う点は、敵に「シールド」というポイントが設定されており、弱点対象の武器、もしくは属性で攻撃すると、1ポイントずつ減っていきます。(無条件でポイントを削るアビリティもあります。)
「シールド」が0になると、敵は「ブレイク」状態になり、1ターンの間行動不能、ダメージが大幅にUPします。
こちらのレベルが低くても、弱点を上手く突いていければ、敵を倒していけるので、パーティ編成を考えてチャレンジするのが、個人的には楽しかったです。

今では珍しい少し暗めのストーリー

こちらは賛否両論あるかと思いますが、個人的には好きなストーリーが多かったです。
ストーリー構成としては最初に3種類用意されており、こちらをすべてクリアすると、終章という形で物語が進んでいきます。
私が驚いたのは、ストーリーにメインで絡んでいたキャラクターが普通に死んでしまいます。特に名声のストーリーはちゃんと文章を読んでいただきたいです。
最近のRPGはハッピーエンドが多いイメージですが、全体的に暗い話が多いです。
こちらの予想を裏切るストーリーが用意されていますので、ぽちぽち飛ばさずに、物語を楽しんでいただければと思います。

悪かった点

レベルが上がりづらい

途中まではサクサクとレベルが上がっていくのですが、40~50あたりでレベル上げが非常に厳しくなります。
一応、レベル上げ用のダンジョンも用意されているのですが、効率がいいとは言えないです・・・。
(1日で挑戦できる制限があり、60レベル付近になると1日1レベルも上がらない)
攻略サイト等には「キャットリン狩り」と呼ばれるドラクエだと、はぐれメタルを狩り続けるようなレベル上げが書かれているのですが、エンカウント率が低く、ストレスのが溜まっていきました。

リセマラがほぼ必須

このゲームはレア度が「☆(星)」で表現されており、3~5までの範囲でレア度が定められています。(後々、☆1とかのキャラを育てるイベントとかはありそうです。)
現時点では、キャラの入手がガチャのみなので、リセマラをしないとかなり辛いプレイを強いられることになります。
というのも、レア度でレベル上限が決まっており、☆3でレベル40、☆4でレベル60、☆5でレベル80が初期の上限として設定されています。一応、レベル上限解放のアイテムやレア度をUPさせるアイテムも存在していますが、かなりやりこまないと☆3~4が☆5に追いつくことはないです・・・。
また、いわゆるガチャ石もそこまで配られるわけではないので、出来るだけ、リセマラをした方がこのゲームを楽しめると思います。

最後に

オクトパストラベラー~大陸の覇者~に関して、簡単にご紹介させていただきました。
ゲーム自体の完成度はかなり高く、楽しくプレイできているのですが、やはりレベル上げの苦痛やガチャをあまり出来ない点を踏まえると、スマホゲーとしては少し辛いかな、と思う部分があります。
片手間でやるゲームではないので、じっくりRPGがやりたい人におすすめのゲームかと思いますので、ぜひ、ダウンロードしてみてください。